管理人の日記 〜2001年3月〜先月日記トップ翌月

3月11日(日) 土器の造形−縄文の動・弥生の静−
 東博の今世紀最初の特別展を見に行ってきた。既に1月末に見に行った友人や先輩の話を聞いたり、当サイトや情報広場などの掲示板への書き込みを見たりして楽しみにしていたのだが、とうとう最終日になってしまった。鑑真さんの方は知らないが、こちらにもそれなりに人が入っていたように思う。
 考古学的、歴史的にはキャプションが少ない等の問題があるだろうが、美術展として「見せる」展示という観点では、さすが東博と思える展示だったと思う。東博の特別展としては最も時間をかけて見てまわった気がする。
 それでも気になったのは縄文の圧倒的多数が東日本の出土品で、西日本のものは古い時期のものが若干展示されていただけ、北海道・沖縄の土器は無し、中期関東甲信越地域の重視という地域的・時間的な偏りである。縄文土器の美しさはそんなに局部的なものではないと思うのだが。むしろ個人的にはこの展示で、草創期〜前期、後期の土器の美しさに気づかされた。
 もう1つは、弥生の方。縄文の展示品は確かに縄文を代表するといえる(よく取り上げられる)ものだったが、弥生のほうもそういった資料だったのだろうか。弥生のことはよく知らないが、あの程度なのだろうか。土製品だって、縄文ほどではないにしろあるのではなかろうか。
 まあ、それはそれとして、縄文の方は「知ってる」土器が多かったが、実物を見てみるとやはりいろいろ気づくことがある。草創期のD期は数年前に横浜で行われた特別展で見ていたが、改めてみてその完成度に驚いた。かなり早い段階から器形が整えられ、紋様が施されてきたのだ。また、早期の土偶や後期の韮久保遺跡出土の狩猟文土器、寺改戸遺跡出土の注口土器の意外な小ささ。土器の横面に施された文様、紋様パターンや波状口縁の数、複雑な把手部の構造など当然ながら写真からでは分からない情報が多い。つまり買った図録はあまり意味がないかも。
 多くの人が言うように一度では見きれない展示であった。もう終わってしまうので一堂に会した状態では見られないが、またそれぞれの土地で見る機会があろう。その際は、その地の多数の土器と比較しながらその土器の特殊性などについても考えてみたい。
 東京国立博物館:特別展「土器の造形」


3月10日(土) 南郷村立歴史民俗資料館見学記
 5日〜6日にかけて、民俗学の方サークルの採訪の下見として青森へいってきた。目的地は南郷村だが、バスの関係で、初日は八戸市内をぶらぶらして、6日に南郷村へ入った。役場に挨拶に行く班などにわかれ、私たちは資料館を見学することとなった。
 南郷村でも最近になって発掘調査が行われるようになってきたが、ここに納められている資料はほとんど、同館研究員の方が50年以上前から収集されてきたものであるという。残念ながら出土地や元所有者などの記載はなかったが、考古資料、民俗資料、近代資料(教科書、蓄音機、玩具…)などが並べられていた。収蔵庫や屋根裏の展示場まで見せていただき、収集時のお話などを伺うことができた。考古資料では晩期の皿形土器、注口土器、遮光器土偶、ミニチュア土器、土製品など見事な亀ヶ岡様式の遺物が多い。「見事」というのは「特別な」という意味ではないが、ゆっくり土器をさわって見て、その薄さ・細工の細かさを実感した。この他遠賀川系土器も展示されている。
 民俗の下見できたのでそれにも触れておくと、猪用の槍や、川猟の用具などが展示されているほか、屋根裏にも多数の農具が納められている。また、時間の都合見学できなかったのだが、隣に民家を移築した民具展示館が建てられている。
 南郷村には宿泊施設が1ヶ所しかなく、今のところ夏は泊まれそうもないというような不安要素はあるが、是川遺跡も近いことだし、また夏に行って詳しく見てみたいと思う。
 青森県南郷村

縄文学研究室日記トップCopyright (c) 2001 Nakamura Kousaku
E-mail:info@jomongaku.net