管理人の日記 〜2001年4月〜先月日記トップ翌月

4月30日(月) 「大古墳展」と大塚遺跡
 椿井大塚山古墳および黒塚古墳出土の三角縁神獣鏡を中心とした畿内の古墳をテーマとした「古墳からのメッセージ2 大古墳展−ヤマト王権と古墳の鏡−」が横浜市歴史博物館で開催中である。京大・橿考研の所蔵品が一堂に会するこの大古墳展は香川県・神戸市・横浜市・茨城県・岡崎市を巡回する。横浜では先に古墳からのメッセージ1として「横浜の古墳と副葬品」を開催していたのだが、キャンパスのすぐ近くにありながら見に行く機会を逸してしまっており、今回も終了間際にようやく行くことができた。
 まず、纏向遺跡・ホケノ山古墳からはじまり、椿井大塚山・黒塚の同氾鏡・同型鏡や同時期の他の中国鏡がずらりと並ぶ。つづいて桜井茶臼山やメスリ山・石山・島の山などの鏡、玉杖、石釧・車輪石・鍬形石、鉄製品、玉類、さらに馬具や武具のコーナーが続き、藤ノ木古墳などの後期古墳、石舞台・高松塚・キトラなどの飛鳥の王陵に至る。企画展示室には入りきれなかったらしく体験学習室に埴輪や古墳に立てられた木製品が、1階ロビーに木棺や調査史のパネルが展示されていた。
 私は古墳や鏡のことは全く分からないが100枚以上の鏡を眺めていると、当時の人たちは鏡に描かれた中国の神や獣をどのように理解していたのか?、文字(銘文)は理解していたのか?、同氾・同型の鏡が各地に存在することをどう考えていたのか?、大きさの違いは何を意味するのか?などの疑問を抱く。少し勉強せねばなるまい。
 この博物館は港北ニュータウンのど真ん中に位置し、遺跡群の中で例外的に残され公園化された大塚・歳勝土遺跡(国史跡)が道路をはさんで隣接している。大塚遺跡は弥生の環濠集落として有名だが哀れなことに半分ばっさり切り取られている。残った部分の環濠や柵、住居、倉庫などが「復元」されているが、ムラ全体の様子はなかなかイメージできまい。歳勝土遺跡は方形周溝墓群で何基かが復元されている。もっとも上の部分は不明なので木棺が剥き出しになっているところまでしか復元されていないが、これが考古学の限界なのだろうか。それでも、ちびっ子たちが熱心そうに廻っていたのをみると、少しでも活用されているんだなあと嬉しくなる。奥には民家も移築されているとのことだったが、雨が強くなり始めたので早々に切り上げることにした。
 横浜市歴史博物館特別展 古墳からのメッセージ2―大古墳展 ヤマト王権と古墳の鏡大塚歳勝土遺跡公園


4月29日(日) 近況
 ご無沙汰しております。
 2年生になりまして、サークル年間計画やら新入生の勧誘やら、あるいは履修やらで忙しい毎日でございました。その間、青森遺跡探訪の閉鎖というショッキングなこともあって、なかなか何か書く気になれなかったのですが、気付けばもう4月も終わりですのでこの一ヶ月に考えたことなど2つほど書いておこうと思います。

 まずは、サークルの勧誘について。
 昨年は先輩たちがビラを配ったり幟をあげたりして盛んに勧誘活動を行ったわけですが、結局いまの2年生、つまり私の学年のメンバーはそんなものには関係なく自発的に入ってきた者ばかりでした。それなら今年はあんまり派手にやらなくても志のある人はきてくれるよね、ということで今年は出店も出さず、ビラ配りもせず、適当にポスターを張るくらいのことしか行いませんでした。まあそれでも、それなりに(10人程度か?)部室に来てくれました。ところが、日本文学科とか中国文学科などが多く、当然来るだろうと思っていた史学科の子はあまり来てくれませんでした。史学科でなければ駄目だとかいうつもりは毛頭ございません。むしろ、そういった文学系の人が関心を持ってくれたというのは興味深いことであります。また、関心ある時代というのも中国の古代とか、日本の中世、近世などで考古学=縄文・弥生・古墳というのは古いイメージなのかなあ、それなら考古学ってどういう風にイメージされているんだろうか、などと感じてしまいました。なお、勧誘の成果については省略させていただきます。

 次に青森遺跡探訪の閉鎖で考えたこと。
 考古学系サイトの老舗であり、多くのサイトの目標でもあり、地域情報の発信という点で高い評価を得ていた同サイトの閉鎖は非常に残念でなりません。閉鎖の理由についてはよく分かりませんが、最近の状況を考えると次のようなことが言えるのではないでしょうか。
 1つは、インターネットと現実とが以前に比べ密接な関係を持つようになったこと。具体例はあえて出しませんが、いろいろなことがWeb上だけの問題ではなくなってきているということです。
 もう1つはこういう状況の中で、公的機関のサイトがそれなりに機能し始めてきていること。かつては公的サイトの不備を私的サイトが補完するという状況でしたが、で役立つ情報を発信する自治体・埋文センターなどのサイトが着実に増えてきています。この流れをさらに拡大し、遺跡の情報などはできるだけそちらで公開されるような状況になるようにすべきでありましょう。

 今日からゴールデンウィークです。今日は母のお供で西武ドームへ行ってきました。私自身西武のファンというわけではありませんが、9回裏のホームランは感動的でした。あまり遠出はできませんが、ゆっくり体を休めつつ、博物館などをいくつか廻れればと思います。
縄文学研究室日記トップCopyright (c) 2001 Nakamura Kousaku
E-mail:info@jomongaku.net