管理人の日記 〜2001年6月〜先月日記トップ翌月

6月23日(土) 「発掘された日本列島2001」
 授業終了後、江戸東京博物館で開催中の「新発見考古速報展 発掘された日本列島2001」を見に行った。今年で既に7年目。時がたつのは早い。会場に入ると宝塚1号墳出土の舟形埴輪を中心に形象埴輪がずらっと露出展示されている。舟形埴輪は各部分それぞれ組み合わせられたもので、意外に大きく感じた。
 旧石器時代では鹿児島県耳取遺跡の線刻礫。表面はなるほど下腹部に見える。ただ背面の線刻は少し見づらいのが残念だった。この線刻が何を意味するのか興味深い。縄文草創期に入ると、群馬県西鹿田中島遺跡の爪形文土器や多縄文系土器などが展示されている。昨夏岩宿の資料館で見せていただいたものだろう。ここからは堅果類も出土していたのか。先日分析結果が公表された北海道垣ノ島B遺跡出土の最古級の漆製品は土坑ごと展示されていた。やはり遺物は遺構とセットで見るのが面白い。しかし、これは何に漆が塗られたものなのだろうか。また、会場の解説に階層化という言葉が見えたのは注目される。岩手県崎山貝塚からは前期の開窩式銛頭が出展された。漁猟具についてはよくわからないが、これは小さいという印象を受ける。やはり、展示品と図録写真とでは背面の状態と大きさを実感するという点で大きく異なる。茨城県の中期の環状集落−宮後遺跡からはヒスイ大珠、ヒスイ玉、コハク玉が出展された。出土位置から頭位が墓域中心を向くことが推定されるという。山梨県桂野遺跡の「みさかっぱ」「ヤッホー」、そして長野県中ッ原遺跡出土の仮面土偶は昨年以来の対面である。特に仮面土偶は現場では遠目でしか見られなかったので、じっくり見ることにした。何よりも脚がでかい。頭〜胴〜脚と体全体が三角形を呈している。そして、底辺と同じくらいの長さの腕が全体のバランスを保っているのである。神奈川県稲荷山貝塚の骨角器は内湾部の遺跡でも外洋性海獣捕獲が行われていたことを示す。是川中居遺跡は掘ればまだまだ出てくるようだ。新聞報道された遺物が展示されている。新潟県青田遺跡では赤漆塗糸玉、横槌、筌状編物、丸木弓など植物性遺物が興味深い。
 以下、特に目に付いたものを挙げると、兵庫県袴狭遺跡(古墳時代)の船団を描いた木製品。細かい部分は良くわからないが、16隻もの船を描いたこの板は何に使われていたのだろう。石川県の加茂遺跡のボウ字札(古代)はレプリカだったが、意外に文字の残りが良いので驚いた。
 島根県出雲大社境内遺跡(中世)は鉄製品やチョウナ等が展示されていた。また会場では鎌倉期の境内図をもとにした復元模型も展示されているが、本殿にいたる階段は割と急で短いものだった。一方、この日の夜NHKスペシャルでこの遺跡を特集していたが、最終的な復元案は「金輪造営図」をもとに作成されたもで、長大なものである。この違いは何を意味するのか。弥生の建築を参考にしたり、時期の異なる文献を参考にしたりしている。この県に関連して気になるのが、年代が鎌倉時代と出ているのにも関わらず、「古代の出雲大社」と呼ばれることが多いということである。今年のサークルの夏合宿は出雲周辺を予定しており、学園祭でも取扱う予定であるので私自身、考えさせられる問題である。
 なお、今回は東京での地域展は行われていない。昨年の都埋文の土器は仲間内では評判だったので少々残念である。
 江戸東京博物館発掘された日本列島2001

北区飛鳥山博物館「環濠を持つムラ・飛鳥山遺跡」
 この後あまり時間がないのだが、北区飛鳥山博物館で開催中の企画展「環濠をもつムラ・飛鳥山遺跡」を見に行った。飛鳥山3つの博物館(北区飛鳥山博物館、渋沢史料館、紙の博物館)の敷地として調査された遺跡で、弥生時代中期の環濠集落を中心とした展示である。

6月10日(日) 「顔がついた土器」展と大森貝塚
 5月13日は東博の醍醐寺展、20日は日本考古学協会総会、27日は考古学会の表面採集(雨で横浜市立歴史博物館見学に変更)、6月3日は民俗学研究会の六月採訪(奥多摩町川井地区)と日曜日といえども休む暇のない日々が続いている。今週(6月10日)は、考古学会の博物館見学で、大田区立郷土博物館、大森貝塚、品川歴史博物館をまわった。

 大田区立郷土博物館では「顔がついた土器−縄文時代の人面付土器を中心に−」という特別展が開かれていた。
 人面というデザインはそれほど特別なものではなく、古今東西さまざまな形であらわれるのであろうが、縄文中期の勝坂式に伴う人面付土器の一群はある程度定型化したものである。つり目・おちょぼ口の顔は驚くほど似ている。今回の展示で改めてそれらが母体をイメージしたものであることを感じた。胴部に手がデザインされているもの、足がデザインされているものなど顔だけではないのである。ほぼ同時期・同地域の人体文が張り付いた有孔鍔付土器も、ある程度まとまった数が出土している。
 ところで、今回の展示では前期〜後期まで幅広い時期の顔付きの土器が展示されていた。最古例とされたのが宮城県上川名貝塚の前期初頭例で中期初頭・前半例も1点ずつ展示されていた。また後期の東北地方の人面付土器や人体文付土器、あるいは人面付注口土器、人面付吊手・香炉形土器などは複数例ずつ展示されていた。私はこれまで前述の勝坂のものしか頭に無く、残りは単発というイメージがあったのだが、それぞれ、それなりの一群を形成していたのだろうか。
 展示品の後には鏡がおかれ、背後も見られるようになっていて、いろいろ観察することができた。図録では一方向の写真しか掲載されないことが多いが、人面の背後に蛇体文のついたものがいくつか認められた。人面付土器と蛇あるいは蛙との関係はしばしば指摘されていたが、より具体的な関係解明が期待される。また、各時期・各地の人面はそれぞれの時期・地域の土偶の表情とよく似ている。一方で、全く異なった表情を持つものもある。あとは出土状態である。特殊な例は解説プレート・図録にも明記されているが、その他はどうであったのか気になるところである。
 なお、午後の講演会の準備でお忙しい中、学芸員の加藤さんに展示解説をしていただいた。以上のメモの多くは加藤さんのお話を聴きながら思いついたものである。決してこの展示だけで全てわかるというものではないが、いろいろ考える糸口を与えてくれる展示である。この特別展は7月15日まで。入場無料、図録もカラーで900円である。

 バスで大森駅まで向かい、昼食を食べ、一行16人は大森貝塚へ。まず大田区側、NTTの建物脇の縦書きの「大森貝墟」碑へ。ここは狭いので写真をとってすぐに品川区の大森貝塚遺跡公園へ。横書きの「大森貝塚」碑で記念撮影し、公園内をまわったり一休みしたり。両地とも国指定史跡だが、本来の大森貝塚は品川区側であったことがわかっている。こちらの公園にはモースの胸像やモース生誕地ポートランド市と品川区との姉妹都市提携記念碑、あるいは波のレリーフ(公園入口の説明板を見るまでわからなかったが、当時は海岸近くであったことを示す)、貝層標本、貝塚調査区を示す小石の表示などがある。特筆すべきはトイレや歩道に縄文をはじめとする土器文様がデザインされていることである。まさか、巨大な原体を転がしたわけではないだろうが、かなり細かい縄目まで見えて楽しい。

 ここから5分くらい歩くと品川歴史館である。大森貝塚と品川宿が2大テーマだということだが、大森貝塚の方はあまり面白いものではなかった。展示品も東大のレプリカであり、数も少ない。品川区で隣接地を掘った際にはあまり遺物はでなかったのだろうか。
 一方で、品川宿の方は、スクリーンに映像を映すため部屋が暗くなると同時に品川宿の町並み模型も家々の明かりがついて夜の景観を呈するなど、なかなか面白い。2分で行う土器復元パズル(本当の復元作業は1つ1つ破片をつなぎ、最後に形にするのだろうが)や水琴窟のある庭園もあり楽しめる。

 大田区立郷土博物館 大森貝塚遺跡公園 品川歴史館



縄文学研究室日記トップCopyright (c) 2001 Nakamura Kousaku
E-mail:info@jomongaku.net