管理人の日記 〜2001年12月〜先月日記トップ翌月
12月31日(月) 2001年を振り返って

 私も今日で20歳になりました。

 今年を振り返ると、出雲合宿や学園祭での勾玉の展示、美術展の見学など、自分自身はこれまでになく縄文以外の遺跡・資料に接する機会が多く、新鮮に感じることが多かった1年でした。

 また、日本考古学協会総会や考古学技術研究会などの場で、ネット上で知り合った方々と直接お会いできたたのも嬉しかったです。現地の担当の方が当サイトを見ていただいている方だったりすることもありました。

 掲示板に専門研究者から一般の方まで様々な方に書き込みをしていただいたことも、大きな励みになりました。

 最後になりましたが、調査・見学でお世話になった皆さん、ネット上で応援していただいた皆さん、学内外の先生・先輩方や友人たちに感謝したいと思います。

 皆さんありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。


12月24日(月) 雪中の民俗採訪 〜青森県南郷村〜
 授業も終わり、冬休みに入った12月20日から23日まで、夏に引き続き、國學院大學民俗学研究会が青森県南郷村で民俗採訪を行った。私自身は民俗事象を直接考古学資料の解釈に用いようという気はなく、民俗学の方法論に関心があるが、民俗事象自体も興味深いものが多い。ある地区を対象に、分担して生活全般のお話を伺うのだが、今回、私は葬墓制、焼畑、食生活、年中行事に関わるお話を伺った。
 葬式・墓地に関わる民俗とその変化は私の最も関心のあるテーマである。この地区では近年になって一斉に「先祖代々之墓」「○○家之墓」という墓塔に建替えており、夏は墓地に行って一基ずつその建立年のデータを取ったが、今回はそのきっかけ等についての話を伺った。どうやら土葬時の敷地の問題や多数の墓塔の維持の問題が原因と考えられており、そこに住職の勧めがあって広まったということらしい。
 また、現在は葉タバコ栽培が村の基幹産業だが、それ以前は焼畑なども行われていたということで、その具体的方法や、土地の貸し借りなど社会的なお話を伺った。他にも神楽(獅子舞)の話や、オシラサマやイタコ・カカサマと呼ばれる民間宗教者といった信仰に関するお話など興味深いお話も伺った。ただ、勉強不足の面もあり、うまく話を引き出せなかったことは残念である。
 雪や寒さはあまり凄いものではなかったが、3日目に雪の降る中、何時間も歩き廻ったのはこたえた。家に入れて頂き、お話を聞かせていただいた方々に感謝したい。


12月16日(日) 聖徳太子展

12月8日(土) 國學院大學学術フロンティア事業シンポジウム「画像資料と近代生活誌」

12月4日(火) 縄文集落論の課題 〜シンポジウム「縄文時代集落研究の現段階」〜
 1日・2日の両日、横浜市本郷台の県立地球市民かながわプラザホールで開催された縄文時代文化研究会初の研究集会を聞きに行ってきた。

 雑誌『縄文時代』、とりわけ、縄文時代文化の研究史をまとめた大部の第10号の刊行で第1回尖石縄文文化賞を受賞した同会の、受賞記念イベントである。そのために『列島における縄文時代集落の諸様相』という資料集が用意された。単なる平面図集ではなく、むしろ文章が主で、各地域の集落の様相が分かりやすく解説されており、今後の基礎資料としての意義は大きい。
 発表の方は、初日に大沼忠春氏、相原淳一氏、石井寛氏、櫛原功一氏、大野薫氏、水ノ江和同氏によって地方別の発表が行われ、東日本と西日本の差を改めて考えさせられた。
 また2日目は、環状集落の評価、同時存在住居の認定をめぐって山本暉久氏、谷口康浩氏、黒尾和久氏、土井義夫氏の発表が行われ、その後の2時間にわたって討論が行われた。特に何か結論を出そうという趣旨ではなく、それぞれの考え方を述べ合うというものであった。 それはそれで各氏の考え方の違いがよくわかり、興味深いものであった。
 また、環状集落に関連して小島朋夏氏による列状集落、江原英氏による環状盛土遺構の発表も行われた。

 全般的には興味深いものであったが、テーマの設定方法に関しては若干の疑問が残る。
 山本暉久氏は発表要旨の末尾で、関東で行われている議論とリンクせずに三内丸山や南九州の議論が進んでいることを疑問視されている。それならばテーマを環状集落と限定せずに、集落の規模・存続期間・構造の評価、つまりその性格や計画性の有無などとすることで、関東の中期を中心とした議論をより全国的な話題へと普遍化できたのではなかろうか。列状集落もその外観を除けば、評価を巡っては環状集落と同様の論点を有しているはずである。
 「関東に比す資料を持たない地域の研究者はどうすればよいのか」という最後の会場からの声は印象深い。


縄文学研究室日記トップCopyright (c) 2001 Nakamura Kousaku
E-mail:info@jomongaku.net