管理人の日記 〜1999年6月〜先月日記トップ翌月
6月30日(水) Netscape Communicatorを利用されている方へ
 ここしばらく、Netscape Communicator(以下NC)を利用して、当サイトをご覧頂くと、なんとサブディレクトリ中のファイルが全て黒地になってしまっていたようです。
 これはスタイルシートファイル(css.css)の設定のミスによるものです。背景ファイルを指定する際、IEでは相対パスで大丈夫なのですが、NCではサブディレクトリの中だと絶対パスで指定しないときちんと参照されないようです。しかしそうするとローカルでは表示できませんので、ローカル用は別の指定をしていましたのです。そして、一斉に更新した際一緒にアップしてしまったのでしょう。申し訳ございませんでした。
 折角来ていただいたのに、まことに申し訳ありませんでした。

 それにしてもIEとNCの違いは何とかならないのでしょうか。機能やデザインの違いは大いに結構です。しかし、Webページ自体の見え方が違うというのは制作者としてはかなり不満です。
 特にNCはスタイルシートにうまく対応していないようです。例えば各ページのヘッダ・フッタの境の水平線には色を指定しるのです。その他にも、NCでは見えないような指定がいくつかあります。

 なお、当サイトに来ていただくブラウザは8:2でIEが優勢です。私も最近はもっぱらIEを利用しています。最大の理由は起動時間があまりにも遅いことです。しかし、保存機能、印刷機能、編集機能、ブックマーク、ソース表示機能、画像の場所をコピーする機能などなどブラウザとしての使いやすさから言えばNCの方が良いと思っています。もっと軽くて性能の良いブラウザ出ないでしょうか。


6月24日(木) 「Webサイトガイド」更新
 ここ数日Webサイトガイドの手直しに追われていました。あのページは御承知の通り(かどうかは分かりませんが)、一応縄文サイトの紹介がメインです。しかし、「考古学サイト」としておすすめできるページはいくつもあります。それらは当初からジャンルを分けて紹介していこうと思っていましたが、なかなかできません。
 ところで、今月になって日本考古学協会・arc-net・高知の縄文探訪・宮崎モグラ通信など考古学サイトの新設が相次ぎ、一方では都埋文セ公認私設ページや飛鳥資料館などの大きなサイトからリンクを張っていただきました。
 これらを無視するわけにはいきません。とりあえず相互リンクのページを先に修正して公開しましたが、Webサイトガイド本体の方はなかなかできません。少しでも早く公開したいので、予定を変更して、とりあえずできた部分だけ公開することにしました。
 結局今回は「個人のサイト」を独立させ、「新着情報」と「縄文−西日本」を新設した程度の変更になってしまいました。
 また、リンクのチェックも一通り行い、URLの修正・変更・削除を行いました。それにしても、リンク切れの多かったこと。関係の皆様にはお詫び申し上げます。(6/29修正)


6月22日(火) 新発見考古速報展 発掘された日本列島'99
 今日の2校時−英語の授業中に「見に行こう!」と思い立ち、放課後すぐ、江戸東京博物館へ向かった。予定通り4時頃には両国へつくことができたが、久しぶりに訪れた巨大な建物に圧倒されてしまった。
 新発見の考古資料の全国巡回展示であるこの企画も、5年目に入り、今回から東京会場が東博から江戸東京博物館に変わった。ここは平日は6時まで開館しているので、平日でも安心して見に行くことができる。しかし、雨の平日の夕方でもあり見学者は少なく、ただでさえ大きな建物なのでとても広く感じた。

 今回は、47遺跡から約250件の資料が出品されたが、ここでは、私が興味を持ったものについていくつか紹介したい。
 まず、奥羽山脈を隔てた山形と宮崎の旧石器の接合資料(袖原3遺跡・中島山遺跡)。この時代にも交流があったということ自体については別に驚くに値しないだろうが、10万年前の