管理人の日記 〜1999年12月〜先月日記トップ翌月
12月31日(金) よいお年を
 1000年代最後の今日、私は18歳になりました。
 振り返ればやっぱりあっという間の99年。
 いろいろな人に支えられて本当に楽しい1年でした。
 それでは、みなさんよいお年を。


12月26日(日) 今年の考古学を振り返る(3)  私選1999年の考古学ニュース2

 《妻木晩田遺跡群の全面保存》
 伯耆大山の麓、鳥取県淀江町・大山町の日本海を望む丘陵上に位置する妻木晩田遺跡群。日本最大級の弥生集落とも言われ保存を求める声が上がっていたものの、調査が細かく分けて行われたこと、話題性のある発見が無かったことなどでマスコミの報道は弱く、全国的な知名度はかなり低かった。この問題について詳しく知ったのもインターネット上の資料からで、以後、当サイトでも何度か取り上げた。
 私がこのサイトで取り上げた昨年12月頃は既に、破壊か全面保存かという状況の中で、ただ県のみが共存案を唱えていて、その対応の不透明さが問題になっていた。昨年のうちに結論が出るとも言われていたが、ようやく4月に知事の引退会見で全面保存が発表された。むきばんだ応援団などの市民組織も発足し、イメージソング「おいで みんなここへ」も生まれ、11月には国の史跡指定を受けるなど整備・活用にむけて新たな動きが
 さて、一連の動きのなかで私が最も注目するのは保存運動でもインターネットの活用である。保存運動の中心となった佐古先生のみんなで考古学は動向を逐一知らせてくれたし、遺跡を紹介した小冊子をWeb上に再現したドキュメント 妻木晩田遺跡群、シンポジウムを収録したWNNのたのしい考古学などで基礎情報が提供された。また、自然と歴史と人間を考える会むきばんだ応援団も独自にサイトを開設し保存を呼びかけた。さらに、電子署名のページも開設され500人以上の署名を集めている。そして考古学や自然・文化を愛する人たちのサイトには、バーナーがおかれ、関連サイトへのリンクが張られた。実際にどの程度の影響があったのかは分からないが、新しい動きであることは言うまでもないだろう。

 《富本銭の発見》
 今年最初の大きなニュースは「日本最古のお金は和同開珎ではない」という奈良県飛鳥池遺跡からの富本銭の発見だった。
 この発見が私に大きな印象を与えたのは、教育現場での取扱いである。近年、「教科書を書き直す発見」など宣伝される大発見が相次いでいるが、そう簡単に教科書が変るはずもなく、学校や予備校などではほとんど影響が無い。実際、私には強い衝撃を与えた縄文のはじまりが数千年溯るという記事が出た直後のテストでも何も言われなかった。
 ところが、この富本銭は違った。発見当初から授業で取り上げられたし、予備校の今年度のテキストにも早くも掲載された。受験を控えた友人の会話にも登場する。この差は一体何なのか。おそらく文字資料との関わりであろう。和同開珎以前に貨幣があったこと文献に見えるようで、今回の発見はそれを裏付ける形になった。やはり文字は強い。
 現在、当時の技術を雄弁に語るこの飛鳥の工房は、万葉ミュージアム建設による破壊の危機に瀕している。遺跡は活用すると説明されているが、県の文化施設で貴重な遺跡されるというのは納得できない。既に工事は始まっているが、上のバーナーにあるように保存運動は続けられてている。

[関連ページ]
 奈文研 飛鳥池遺跡  古代の学舎 飛鳥池遺跡  飛鳥池遺跡を考える会  保存署名ページ  奈良県 万葉ミュージアム
12月24日(金) 指宿市・水迫遺跡から旧石器時代の集落
 今日で2学期も無事終了。明日からは短いながら冬休み。
 さて、朝日新聞夕刊一面は旧石器時代の集落の発見を報じた。指宿市の水迫遺跡から後期旧石器時代終末期の竪穴住居2棟、道路状遺構、石器製作場、杭列などが出土したという。
 この時代の住居はいくつか報告されているが、確実ではなく、まして集落となると全くといいほど分かっていないはずである。本当に集落と言えるのかは分からないが、縄文文化の起源を考える上で、貴重な資料となるのは間違いない。今後の調査・研究が期待される。

 南日本新聞のニュースページ
 中日新聞のニュースページ
 Yahoo 考古学(毎日新聞)のニュースページ


12月19日(日) 今年の考古学を振り返る(2)  私選1999年の考古学ニュース
 先日はアサヒグラフの回顧を紹介したが、今年は大きな遺跡の発見というよりも、各時代の様子をより具体的に示す資料がこつこつと発見された、つまり遺跡よりも遺物、という印象を受けた。
 それらの中から縄文関係を中心に今回は私の心に残ったニュースをいくつかまとめておきたいと思う。
 とはいえ、準備不足なので今日は項目を挙げるにとどめる。
 
  ・妻木晩田遺跡群の全面保存決定
  ・桜町遺跡のがんばり
  ・富本銭の発見
  ・真脇遺跡・是川中居遺跡の再調査
  ・AMS法による年代測定
  ・考古学サイトの開設
  ・カリンバ3遺跡の赤漆
  ・縄文前期のイネ


12月16日(木) 今年の考古学を振り返る(1)  アサヒグラフ「1999 古代史発掘総まくり」
 今年も残り僅かになってきた。月末まで「今年の考古学を振り返る」というシリーズを何回かに分けて書いていきたいと考えている。まずは他人の回顧の紹介から。

 恒例の「古代史発掘総まくり」を特集したアサヒグラフ(12月24日号)が昨日発売された。今年の表紙は池田遺跡の武人形埴輪のりりしい姿であった。取り上げられたのは全部で42遺跡。時代ごとに見ると先土器(今時珍しい表現)1、縄文9、弥生13、古墳8、歴史4、文字・絵7であり、特集は「弥生の四隅突出墳と大型墳丘墓」「古墳の祭り」+ハイライトとしてカリンバ3遺跡と飛鳥苑池遺構。森浩一氏の論評は「弥生時代農耕論の見直し」だった。アサヒグラフの方針もあると思うが、どうやら今年は弥生の年だったようだ。知らなかった遺跡も多いが、縄文関係の遺跡の中で印象に残ったものをいくつか述べたい。

 【カリンバ3遺跡】冒頭のの見開全面の写真は鮮やかな赤が衝撃的であった。さすがはグラフ誌、新聞記事やネット上の写真ではこの迫力は味わえない。
 【上野遺跡】岩手県一戸町。オオカミ形土製品の出土は初めて知ったが、これも面白い。縄文人は様々な動物の姿を残しており、オオカミの出土でまた1つ種類が増えた。この種の遺物については東北を中心に集成の動きがあったが、私もいずれ出土品による動植物図鑑のような形でまとめたい。
 【屋久島横峯遺跡】は西日本では群を抜く規模の集落だったという。屋久島はなんといっても縄文杉で知られる自然の宝庫であるが、その自然と共に縄文人の昔から人の暮らしがあったということは興味深い。
 【下宅部遺跡】東京都東村山市。飾り弓が出土している。私は弓道部に所属していたこともあり、実用外の弓の歴史にも興味があるが、獣骨や注口土器を伴った飾り弓の出土はその貴重な資料となるはずである。
 【居徳遺跡群】土佐市。ここの土偶はどこか縄文離れした顔つきである。「神の交代」と表現されている出土状態が興味深い。農具が出土しており、やはり縄文から弥生への過渡期なのであろうか。

 9日の欄を読みかえしてみて漢字の多さに驚いた。知らないことを無理に書こうとすると漢字ばかりで硬い文章になってしまうらしい。今回は縄文のみコメントしたのはそれを避けるためである。


12月9日(木) 相模国のはじまり〜相模地方の豪族と相模国の成立
 掲示板でもお知らせしたが、東海大学で「第10回足もとに眠る歴史展 相模国のはじまり」展が始まった。今日からと言うことで早速行ってみた。東海大学校地内遺跡調査団は東海大学関係の開発の事前調査を行っており、毎年「足もとに眠る歴史」展を開催してきたが、今年は10周年記念として“古代”を取り上げた。
 律令制が整う以前、相模国は師長(足柄平野)、相武(相模平野)、鎌倉別(三浦地区)という3つの勢力圏に分れていたと考えられている。今回の展示では古墳の様相、土器の様相、相模国の誕生と時期を大きく3つに分け、地域毎に馬具・埴輪等の副葬品、搬入土器、瓦、墨書土器など相模地方50ヵ所から集められた当該期の政治史を語る資料が展示されていた。
 もともと郷土史に興味があった関係で相模国のはじまりというテーマにも興味はあったのだが、古代の土器など見ても良く分からなかったが、環頭太刀柄頭や杏葉、須恵器などの伊勢原市三ノ宮地区の資料が南足柄や藤沢、三浦の類例と並んで展示されていたのは良かった。
縄文学研究室日記トップCopyright (c) 1999 Nakamura Kousaku
E-mail:info@jomongaku.net