埋蔵文化財関連法令集縄文学研究室トップ法令集トップ
【1981年】
公共事業と埋蔵文化財より】
庁保記第17号  
昭和56年7月24日

各都道府県教育委員会教育長 殿
文化庁次長

埋蔵文化財の保護と発掘調査の円滑化について(通知)



 このことについては、貴教育委員会その他関係の機関の御努力により、年々改善が図られているところでありますが、なお地域により間道が残されている場合もみうけられますので、埋蔵文化財の保護の重要性にかんがみ、地域住民や関係者の十分な理解を得るよう努めるなど、一層の改善を図る必要があると考えられます。
 ついては、特に下記の事項について御留意の上、埋蔵文化財保護の施策の迅速適正化について特段の御配慮をお願いします。
 おつて、貴管下各市町村教育委員会に対し、この趣旨の徹底を図られるとともに、適切な指導をお願いします。



1.遺跡地図等の整備と発掘調査体制の充実

 教育委員会は、遺跡地図等の整備及び発掘調査体制の充実について、従前から重要な課題として取組まれ、幾多の改善措置がとられてきたところであるが、更に埋蔵文化財の保護の施策の迅速適正な実施を確保するため、次の措置に配慮されたい。
(1)地域住民や事業者に埋蔵文化財包蔵地の所在状況を周知徹底し、正しい理解と協力を得るため、遺跡地図・台帳の整備に特に配慮し、分布調査や発掘調査の成果により一段と精度を高めるようにすること。
(2)発掘調査の円滑な実施が埋蔵文化財保護の基礎となることにかんがみ、専門職員の充実を図るとともに、その資質・技能の向上を図るため、奈良国立文化財研究所への研修派遣、都道府県段階での研修の充実等に努めること。
(3)都道府県及び埋蔵文化財が集中する市においては、発掘調査、出土品処理等の拠点となる公立埋蔵文化財調査センターの整備を図るとともに、発掘調査を専門に行う財団法人等に委託して迅速適正化を図る等、実情に即した各種の方法について検討すること。

2.発掘調査の円滑化

 埋蔵文化財の保護を図るためには、発掘調査の円滑な推進を確保することが不可欠であるが、このためには、教育委員会は、各種の事業の計画や実情を十分了知し、貴重な文化財の保護について事業者や住民によく説明し、その理解と協力を得ることが大切である。教育委員会におかれては、次の措置に留意し、引き続き発掘調査の円滑化に一層の努力を払われたい。
(1)教育委員会以外の関係部局との連絡を密にし、各々の部局に関係する事業の状況の把握に努め、事前に調整するように努めること。
(2)都道府県教育委員会は、市町村教育委員会、発掘調査を専門に行う財団法人等と連絡を密にし、当面する発掘調査上の問題について積極的に実情を把握し、その円滑化のため適切な指導を行うよう努めること。
(3)事業者との事前協議に当たつては、事業の計画や実情について十分了知するとともに、埋蔵文化財の保護についてよく説明して理解を得るよう努め、また、試掘調査の活用その他最新の方法によりできる限り速く遺跡の性格、範囲を的確に把握して、遺跡の取扱いや発掘調査の進め方について円満な調整が行われるよう努力すること。
(4)発掘調査に当たつては、試掘調査の活用、機械カや写真測量等最新技術の適切な導入、発掘方法の改善等により、その迅速適正化を図るよう努めること。
(5)経費の負担や調査期間が長期(例えば、一つの遺跡について6か月を超える場合)にわたる等の理由で、発掘調査に開し事業者との調整が円滑にいかない事案が生じた場合には、速やかに文化庁に連絡し、協力してその早期解決に努力すること。
(6)工事中に予想しなかつた新たな遺跡が発見され、当該遺跡の取扱いについて事業者との調整が円滑にいかない場合には、専門職員の立会い等により、調査に支障のないように工事を継続させるとともに、速やかに文化庁に連絡し、協力して調整するよう努めること。

3.発掘調査の成果の活用

 発掘調査の成果を活用して我が国の歴史や文化の理解に資する事業は、埋蔵文化財についての理解を深め、発掘調査等の文化財保護の施策について協力を得やすくする上で重要な役割を果すものであることを認識し、次のような措置の充実に配慮されたい。
(1)発掘調査の成果については、考古学等の学問研究の資料として活用するほか、わかりやすい印刷物や映像にまとめて、学校教育、社会教育の場での活用を図るようにすること。
(2)貴重な出土遺物については、博物館、歴史民俗資料館等で保存展示し、その公開活用を図るとともに、理解しやすい説明資料等の作成に努めること。
(3)史跡に指定して後世に残すこととされた重要な遺跡については、史跡としての整備を図ることはもとより、都市計画等の関連施策との連携協力により遺跡公園としての整備を図る等、広く地域住民の利用に供する方策の検討に積極的に取り組むよう努力すること。


縄文学研究室トップ法令集トップ管理人:Nakamura Kousaku
E-mail:info@jomongaku.net