発掘捏造事件関連リンク縄文学研究室トップ研究ノートトップ
LastUpdate:2001/5/29 *各項目のコメントは12.8のもの

《発覚以前の論考など》
 毎日新聞の記者が何をきっかけに取材を開始したかは不明であるが、ネット上の議論が原因だという声も聞く。そうでなくとも、今回の事件でインターネット上の考古学情報への関心が著しく強まった。

 ・石器の考古学前期旧石器発見物語は現代のおとぎ話か(角張淳一氏)
 ・黒潮の考古学宮城県の旧石器及び「前期旧石器」時代研究批判…『人類学雑誌94-3』1986(小田静夫氏・C. T. キーリ氏)
 ・南河内考古学研究所喫茶室前期旧石器発見の真偽をめぐって…岡安光彦氏の書き込み(8/8)・平口哲夫氏のレス(8/12)

《新聞記事特集》
 今回の事件をスクープした毎日新聞をはじめとするマスコミは連日関係の記事を報道している。そして、注目されるのは、毎日・読売・朝日という三大紙がそろって特集コーナーを設け、記事をWeb上で公開しているということである。マスコミが大きな一翼を担っている今回の事件について考える際の資料がこのような形で簡単に手に入るのは驚異的ですらある。
 また、各遺跡の検証の動きを伝える地方紙も連日関連記事を掲載した。「考古学のおやつ」のきまぐれNEWSLINKではそれらを要約してくれている。各新聞社サイトをまわり、記事を要約するのは非常に根気の要る作業である。感謝したい。

 ・毎日新聞毎日の目 旧石器発掘ねつ造
 ・読売新聞ニュース特集 旧石器発見ねつ造
 ・朝日新聞特集 石器発掘ねつ造
 ・時事通信旧石器発掘ねつ造
 ・埼玉新聞困惑 秩父原人
 ・河北新報「ねつ造」の衝撃

 ・考古学のおやつきまぐれNEWSLINK
 ・閼伽出甕【第12版・第13版】特集「旧石器発掘ねつ造」事件 関係遺跡を持つ地域の反応と対応

《掲示板・チャット》
 事件発覚後は各サイトの掲示板に書き込みがあった。
 「南河内考古学研究所」のでは事件発覚以前から議論のルールのようなものが確立しつつあり、多少の混乱はあったものの、比較的冷静に、主に考古学の体質という方向で議論が行われている。「考古学のおやつ」では捏造疑惑のある旧石器についての議論が多い。また他の掲示板と違って管理人の丁寧なレスが目につく。「青森遺跡探訪」では抽象的な的な議論ではなく、細かく具体的な方向で議論が行われている。これらの掲示板への書き込みはおおむね長文化する傾向にあるようで、cgiへの負担や議論が細かいところへ迷い込む可能性がある。
 「考古学通信」は一般の方の書き込みが相次いだ。匿名性を利用した悪戯的な書き込みや感情的な書き込みもあったが、BBCの記事やキーリー報告などの海外の情報がいち早く紹介されたという点は注目される。「みやぎ文化財発掘出土情報」は東北福祉大への非難も寄せられたが、多くは管理人への応援メッセージであった。また、現在は受付を終了したMSNのアンケートには多くの一般の方の感想・意見が書き込まれている。

 ・青森遺跡探訪:「旧石器捏造事件関連」ログの公開・総目次(11/5-12/17)(サイト閉鎖/関連ログは"神の手"事件情報局で公開)
 ・捏造問題関連論争 …青森遺跡探訪掲示板から捏造関連論争が移動(00/12/15-01/3/31)
 ・捏造問題 連絡船 …捏造問題関連論争をうけつぐ形で活動開始(01/3/30から)
 ・南河内考古学研究所喫茶室 (閲覧のみ
 ・南河内考古学研究所一番待合室
 ・八ヶ岳旧石器通信掲示板
 ・考古学通信伝言板
 ・考古学のおやつ夜食のとも
 ・考古学のおやつ自由書式掲示板
 ・みやぎ文化財発掘出土情報掲示板
 ・ハカタントロプスお猿の伝言板
 ・総務の部屋続考古学言いたい放題
 ・高知の縄文探訪考古学伝言板
 ・arc-netFlasH BBS
 ・MSNトピックス:「石器発掘ねつ造事件、どうして起こった? 」

 その他非考古学系の掲示板については"神の手"事件情報局参照

《考古学系サイト》
 今回の事件について、各サイトの管理人はどう反応したのだろうか。
 閉鎖されたサイトもいくつかある。これも反応の1つであろう。独自のページを設けて管理人の思いを述べたサイトもいくつかある。掲示板にコメントを書いている人もいる。沈黙を守っているサイトもある。
 「反省的メタ考古学」は今回の件で一挙に注目されたサイト、「考古学情報広場」も本来は古墳をテーマとして準備されたサイトだが、急遽公開され、議論整理する立場となっている。これらは「みやぎ…」や当サイトとともに、管理人の見解・関連ページの紹介を行っている。

反省的メタ考古学捏造問題について
 ・「捏造以後(私見1〜3)」(11/11・13・22)

考古学情報広場
 ・「捏造事件への見解」(11/12)

みやぎ文化財発掘出土情報旧石器発掘捏造問題
 ・「上高森遺跡第6次発掘調査に関する新聞報道について」(11/18)
 ・「2000年11月−12月のアクセス状況
 ・「上高森遺跡問題等についての委員会見解」(日本考古学協会)
 <東北日本の旧石器文化を語る会関係資料>
 ・「第14回東北日本の旧石器文化を語る会 −開催要項−」(12/25)
 ・「第14回東北日本の旧石器文化を語る会 −報告−」(12/25、26 鈴木雅氏)
 ・「上高森遺跡・総進不動坂遺跡における旧石器発掘捏造に関する声明」(12/24 東北日本の旧石器文化を語る会世話人会)
 ・「上高森遺跡・総進不動坂遺跡における旧石器発掘捏造問題に関する声明」(12/24 全国地域旧石器研究10団体)

ハカタントロプス
 ・遺跡ねつ造事件によせて(1)(11/21)
 ・パーフェクト・ストームのあと―遺跡ねつ造事件によせて(2)―(12/28)

日本考古学リソースのデジタル化前期旧石器論争
 ・「前期旧石器QandA」(11/17)
 ・「学問の病理現象」(12/6)
 ・「『科学』2001年2月号を読む」(3/5)
 ・「聖嶽洞穴遺跡」(3/14)
 ・「今度は考古学のスキャンダル:予備的リポート」…キーリ氏論文(下掲)の翻訳 (12/25)
 ・「いかに2カ所の前期旧石器遺跡の偽造が日本考古学全体にダメージを与えたか」…キーリ氏論文(下掲)の翻訳 (12/24)
 ・「アメリカにおけるクロビス/プレクロビス論争と日本の前期旧石器論争:アプローチの比較」…キーリ氏論文(下掲)の翻訳(1/10)
 ・「スキャンダルを掘り下げる、あるいはスキャンダル以外を掘り下げる」…ブリード氏(下掲)の翻訳 (1/10)
 ・諏訪間順氏「追記」・砂田佳弘氏「追記」…『相模野旧石器編年の到達点』発表要旨より(3/11)
 ・「多摩ニュータウンNo.471-B遺跡出土石器に関する調査報告」:多摩ニュータウンNo.471-B遺跡調査委員会(5/15掲載)

吉井秀夫のホームページ
 ・思いつき・思いこみ 第10回「捏造事件」に思う−韓国での報道に接して−(12/2)

高知の縄文探訪
 ・「前期旧石器ピルトダウン事件」(11/7)
 ・「捏造アンソロジー」(12/15)
 ・「藤村新一事件の所感」(山村貴輝氏 2/17掲載)
 ・「聖獄洞穴資料集」(1/17)

"神の手"事件情報局(01/3/29開設)
 ・情報考古学会 前期旧石器問題ミニシンポ
 ・神の手事件関係スレッドin2ちゃんねる
 ・青森遺跡探訪掲示板過去ログ(01/4/6転載)
 ・国会議事録にみる捏造事件
 ・NIFTYでの神の手事件関連発言
 ・『第7回石器文化研究交流会発表要旨』編集後記…エスキモーロール氏
 ・一斗内松葉山遺跡現地説明会資料
 ・国会会議録に見る捏造問題(5/2掲載)
 ・宮城県議会会議録に見る捏造問題(5/掲載)
 ・国会会議録に見る捏造問題(5/2掲載)
 ・考古学的脂肪酸分析の問題点(発表記録)…難波氏による協会での発表の記録(5/27)
 ほか関連リンク等。

《自治体・出版社・研究者等の見解》

宮城県知事定例記者会見
 ・11月6日 上高森遺跡での石器ねつ造について
 ・11月13日 上高森遺跡での石器ねつ造について

宮城県教育庁文化財保護課上高森遺跡問題コーナー宮城県の埋蔵文化財
 ・同課「上高森遺跡に関する問題について」(11/28)
 ・同課「上高森遺跡に関する問題について(見解修正版)」(12/18)
 ・同課「宮城県内の藤村新一氏が関係した発掘調査一覧」(11/09)
 ・文化庁「東北旧石器文化研究所等が発掘調査又は踏査に関与した遺跡について(概報)」(11/10)
 ・文化庁「東北旧石器文化研究所等が実施した発掘調査の状況について−調査結果−」(11/17)
 ・日本考古学協会「上高森遺跡問題等についての委員会見解」(11/12)
 ・県教委上高森遺跡に関する問題検討委員会「上高森遺跡問題関連遺跡の内部調査結果について」(12/22)

東北歴史博物館
前・中期旧石器時代遺跡の調査結果(概要)(12/28付・1/11)

インターネット博覧会「人類博物館」
 ・インターネット博覧会「人類博物館」の監修にあたり…馬場悠男氏の言葉
 ・遺跡ねつ造に関する意見・論文募集寄せられた意見・論文
遺跡ねつ造問題に関して(埼玉県から)
 ・遺跡ねつ造問題に対する県のコメント
 ・秩父の前期旧石器時代遺跡と藤村新一氏の関係
 ・前期旧石器時代遺跡緊急調査事業の確認調査結果…藤村新一氏関与一覧表/遺構配置図など
 ・前期旧石器時代遺跡緊急調査事業検討委員会…概要/名簿など

埼玉県
 ・第2回埼玉県インターネット博覧会懇話会議事要旨
 ・小鹿坂遺跡現地説明会の中止について(11/7)
 ・前期旧石器時代遺跡緊急調査事業の確認調査結果と検討委員会の設置について(12/5)

東京都教育庁
 ・多摩ニュータウンNo.471−B遺跡の「旧石器問題」に係る調査委員会設置等について (11/30)
 ・多摩ニュータウンNo.471−B遺跡出土石器に関する調査報告について(01/5/10)
 ・多摩ニュータウンNo.471−B遺跡出土石器に関する調査報告(PDFファイル760KB) :多摩ニュータウンNo.471-B遺跡調査委員会

山川出版社
「高等学校日本史教科書をご使用いただいている先生と生徒さんへ」(11/15)

清水書院
[旧石器のねつ造事件]について(12/21掲載)

講談社『日本の歴史』全26巻
 ・「藤村新一氏の「事件」について−読者の皆様へ」(11/8) 
 ・「改訂版についてのお知らせ」(12/21)

吉川弘文館
『概論日本歴史』の旧石器時代の記述訂正について(12月)

有斐閣
・「『はじめて出会う日本考古学』の発売停止及び絶版について」(12月)
・「『はじめて出会う日本考古学』第6章『旧石器考古学の新視点』について(東北学院大学 佐川正敏)

日本考古学協会
・「前・中期旧石器問題調査研究特別委員会準備会の概要

The Society for East Asian Archaeology
 ・Japanese Scandals - This Time It's Archaeology…Charles T. Keally氏(上智大教授 11/17)
 ・Digging out of the Scandal…Peter Bleed氏(東北大学客員教授 11/28)

Japan's Early Palaeolithic Fabrication Scandal − Index to Web Sites − Charles T. Keally教授による
 ・How Fabrication of Two Early Palaeolithic Sites has Damaged all of Japanese Archaeology (Charles T. Keally, Dec. 14, 2000)
 ・America's Clovis vs Pre-Clovis Controversy and Japan's Early Palaeolithic Controversy: A Comparison of Approaches(Charles T. Keally, Jan. 10, 2001)

*日本語以外の関連ページは「反省的メタ考古学」のFaking in the Japanese Early Palaeolithic Research: A Tremendous Scandal参照


《その他関連情報》
 ・閼伽出甕 【第12版・第13版】特集「旧石器発掘ねつ造」事件…リンク集
 ・もろ式旧石器発掘捏造に関するリンク集…リンク集
 ・PRIV緊急検証!日本考古学の危機…メールマガジンの特集
 ・Daily Site Flash OPINION POLL「発掘を偽った男の心情」…SUNNETによる11/10-11/17に一般人を対象としたアンケート結果
 ・スポーツ報知 芸能EXPRESS遺跡ねつ造に高橋英樹怒る 民族学の教授役でTBS系ドラマ出演



《経 過》  未完成 情報提供お願いいたします
2000年
11月5日毎日新聞の報道
11月7日東北福祉大学梶原研究室(大学内ページ)(新サイト) …7日13時現在、ともに閉鎖  閉鎖を報ずる毎日新聞記事11/16)
11月8日講談社日本の歴史編集部・岡村道雄氏「藤村新一氏の「事件」について−読者の皆様へ」
11月9日・みやぎ文化財発掘出土情報:トップページに管理人によるコメント
11月11日反省的メタ考古学(佐藤啓介氏)「捏造問題以後」など。
11月12日考古学情報広場復活。考古学情報の5原則・捏造事件関係のサイト紹介など。
日本考古学協会の委員会見解 みやぎ文化財発掘出土情報宮城県教育委員会文化財保護課"神の手"事件情報局などに掲載
11月13日縄文学研究室「発掘捏造事件について」
11月14日朝日新聞社「知恵蔵2001サポートページ」旧石器発掘ねつ造事件
11月15日山川出版社「高等学校日本史教科書をご使用いただいている先生と生徒さんへ」
はじめの考古学今朝の新聞を読んでの感想…文化庁の方針について
・「青森遺跡探訪」掲示板:議論の暴走・攻撃的表現での投稿を避けて欲しいという書き込み
11月17日・Charles T. Keally氏「Japanese Scandals - This Time It's Archaeology」執筆
11月18日・みやぎ文化財発掘出土情報「上高森遺跡第6次発掘調査に関する新聞報道について」
・「青森遺跡探訪」:掲示板の一時停止(管理人の身内にご不幸があったため)
11月23日・「青森遺跡探訪」:掲示板の再開
11月28日・Peter Bleed氏「Digging out of the Scandal」執筆
宮城県文化財保護課:「上高森遺跡に関する問題について」
11月29日青森遺跡探訪:佐々木藤雄氏『私が掘った東京の考古遺跡』序
11月30日東京都教育庁「多摩ニュータウンNo.471−B遺跡の「旧石器問題」に係る調査委員会設置等について」
12月2日直感の考古学が閉鎖
みやぎ文化財発掘出土情報:「旧石器発掘捏造問題」
吉井秀夫のホームページ:「「捏造事件」に思う−韓国での報道に接して−」
12月10日青森遺跡探訪掲示板「旧石器捏造事件関連」ログの公開について1
12月14日青森遺跡探訪掲示板「旧石器捏造事件関連」ログの公開について2
12月15日捏造問題関連論争開設(佐藤啓介氏)
高知の縄文探訪「捏造アンソロジー」
12月17日青森遺跡探訪掲示板「旧石器捏造事件関連」ログの公開について3
12月18日青森遺跡探訪掲示板「旧石器捏造事件関連」ログの公開について4
宮城県文化財保護課:「上高森遺跡に関する問題について」(修正版)
12月21日講談社日本の歴史編集部「改訂版についてのお知らせ」
12月25日東北日本の旧石器文化を語る会 旧石器研究団体の声明文発表
 みやぎ文化財発掘出土情報八ヶ岳旧石器通信宮崎モグラ通信"神の手"事件情報局等に掲載
12月28日ハカタントロプス:パーフェクト・ストームのあと―遺跡ねつ造事件によせて(2)―
12月30日青森遺跡探訪掲示板「旧石器捏造事件関連」ログの公開について5(完結)
12月31日青森遺跡探訪掲示板「旧石器捏造事件関連」ログ総目次
・埼玉県インパクパビリオン「人類博物館」公開開始「遺跡ねつ造問題に関して」
2001年
1月17日高知の縄文探訪「聖嶽遺跡資料集」
1月25日・「考古学系サイト掲示板情報」開設(佐藤啓介氏)
1月27日シンポジウム「前期旧石器問題を考える」
2月8日河合信和氏「前期旧石器遺構捏造事件に思う
3月3-4日第7回石器文化研究交流会 発表要旨編集後記
3月5日日本考古学リソースのデジタル化「『科学』2001年2月号を読む」
3月9日賀川光夫・別府大学名誉教授死去
3月11日神奈川県考古学会考古学講座「相模野旧石器編年の到達点」 諏訪間順氏砂田佳弘氏の発表要旨追記
宮崎モグラ通信「賀川先生のこと」
3月17日情報考古学会 前期旧石器問題ミニシンポジウム 早傘氏による要旨・感想
3月30日・「"神の手"事件情報局」開設(早傘氏)
3月30日・「捏造問題 連絡船」開設(早傘氏)
4月6日・「捏造問題議論のための掲示板」開設(トンビ氏)
4月22日・難波氏の協会発表要旨「考古学的脂肪酸分析の問題点」が共同発表者の岡安氏のサイトで公表(角張氏のサイトでも)
5月10日・「多摩ニュータウンNo.471-B遺跡出土石器に関する調査報告」公表

縄文学研究室トップ研究ノートトップCopyright (c) 2001 Nakamura Kousaku
E-mail:info@jomongaku.net